発達障害の実際

近年,認知度があがっている発達障害について解説していきます。

なんとなく生き辛い,よく怒られる,コミュニケーションが難しいなど

子どものみならず,大人の発達障害も社会的な課題として知られるようになりました。

今回は学校現場での発達障害の実際について見ていきましょう。

1.発達障害とは

発達障害とは,脳機能に何らかの障害があるため発達が阻害されている状態です。

さまざまな発達障害がありますが,1つのものだけでなく複数の発達障害が

併発していることが多いです。

2.ADHD(注意欠陥多動性障害)

ADHDとは,注意欠陥(Attention Deficit)多動性(Hyperactivity)障害(Disorder)の

頭文字をとった名称です。

ADHDは注意欠陥と多動性が併発しており,「忘れ物が多い」,「じっとしていられない」

「集中力が続かない」,「飽きっぽい」といった特徴があります。

3.広汎性発達障害

広汎性発達障害とは,コミュニケーションがうまく取れない,相手の気持ちがわからないなど

社会性に課題を抱える障害です。

(1)ASD(自閉症スペクトラム)

以前は自閉症と呼ばれていましたが,近年では自閉症との境界線が曖昧な障害が併発

しているためにスペクトラムという名称がつきました。

人間関係を築くのに課題を抱え,こだわりが強いといった特徴があります。

例えば

・相手の表情や仕草から情報を読み取ることができない

・言葉通りにしか受け取れないため,皮肉がわからない

・自分のルーティンがあり,それが崩れるとパニックに陥る

・1人遊びが好きで他の友達と遊ぶことがほとんどない

といった行動が見られます。

(2)アスペルガー症候群

自閉症の1つに含まれ,コミュニケーション能力や社会性に課題を抱える,興味・関心が

極端に偏っているといった特徴があります。しかしながら,言葉の発達に遅れがないので

幼児期にはわかりにくい障害です。

4.LD(学習障害)

LD(学習障害)には,読み・書き・計算・推論のうち,特定のものに著しい課題がある

障害です。

具体的には

・教科書の字が読めない(ひらがな,カタカナ,漢字を問わず)

・字が書けない,判別できない字を書く

・加算乗除ができない(抽象的な概念がわからない)

・仮説を立てることが難しい

といった特徴があります。

5.出現率

まず,学校での出現率について話します。

文部科学省https://www.mext.go.jp/content/20221208-mext-tokubetu01-000026255_01.pdf

の最新のデータによると,小・中学校の普通学級では在籍している8.8%の児童生徒

高校では2.2%の生徒が学習面又は行動面で著しい困難を示すと報告されている。

このようなアンケート調査が毎年来るが,診断されていないだけで何らかの発達障害を

抱える生徒はこれよりも多いと個人的には感じています

7.指導

集団生活を送らなければならないため,発達障害を抱える生徒は様々なトラブルが起こります。

それは,本人や周りに原因がありトラブルに発展してしまいます。

トラブルを回避するのが1番楽なんですが,なかなか上手くいきません。発達障害がない生徒

であってもトラブルが起きるので,発達障害を抱えた生徒は回避することが難しいです。

生徒指導案件になることもしばしばありますが,指導がどれほど効果的かはわかりません。

なぜなら,彼らは住む世界(厳密にいえば見えている世界)が違うからです。

スモールステップで指導をしていくのを基本としますが,それが膨大にあるため学校生活

だけで完結することは不可能です。

家庭の協力が不可欠ですが,発達障害に理解のある家庭は生徒も落ち着いています

一方,そうでない家庭の生徒は家族からも疎まれ,安心できる自分の空間というものが

ありません。したがって,そのストレスからトラブルを起こすことも多いです。

8.発達障害の実際

発達障害を抱えた生徒がどのような学校生活を送っているのか,私の経験から話します。

(1)成績

まず,成績はあまり芳しくありません。言われたことは,その瞬間だけできます。

しかし,同じことを翌日にはできなくなっています。インプットしたものを正確に

アウトプットできないのです。

学校の成績は定期考査で出します。テストでアウトプットできないので成績は

あまり芳しくありません。

(2)運動

運動が苦手なことが多いです。特に器械体操は壊滅的で,体育館にマットが

見えただけで欠席する生徒すらいます。また,不器用です。細かい作業や集中力が必要な

作業はとても苦手です。

(3)男女比

圧倒的に男子に多いです。理由はわかりません。

女子はコミュニケーション能力が男子ほど低くないため,見逃しているかもしれません。

私の経験上,トラブルメーカーと呼ばれる女子は発達障害である可能性が高いです。

なぜかいつも同じ生徒がトラブルを起こしていて,何度指導しても入らなかったことが

ありました。保護者も手を焼いていましたが,発達障害と考えれば辻褄が合いました。

(4)不登校

不登校になる生徒の半数程度(私の体感)が発達障害だと思います。厳密には発達障害が

疑われる生徒です。保護者が理解がないことが多く,本人のやる気や能力が低いため

学校に行かないと考えている家庭が少なくありませんでした。

口には出しませんが,保護者から話を聞く限り端々にそれが見られました。

9.まとめ

小学校~中学校~高校と学年が上がるにつれ,生き辛さや二次障害が現れます。

大人の発達障害についても同様です。仕事や人間関係でのトラブルが度々ある場合は

発達障害の可能性があります。

それが現れた場合は一度受診をして医師の診断を仰ぐのがいいでしょう。

適切な診断により薬物療法や生活療法で,生き辛さを少しでも改善できるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました